メイクのスキルをアップする方法を知れば、毎日のメイクが楽しくなりますよ。

メイクの基本を知ろう

女性であれば、誰もが経験したことがあるメイクは、基本を知ればもっと美しくなりますし、楽しくなること間違いありません。

メイクのスキルをアップするには

モデルやタレントのメイクをそのまま真似しない

メイクの流行色やパターンは参考にしても良いですが、モデルやタレントと同じメイクにすると、個性が無くなってしまいます。

自分の顔に合わせてバランスを考える

大きなつけまつげや、くっきりとしたアイラインはいかにもメイクをしているという雰囲気を出しますが、自分の顔とのバランスを考えましょう。

部屋の明かりだけでメイクをすること

メイクをする時は、部屋の明かりをつけて行いましょう。顔色が良く見えますので、メイクをする時間が楽しくなりますよ。

百貨店やコスメ売り場でプロの腕前を見よう

百貨店やコスメ売り場では、売られているメイク用品を試すことが出来ます。そこでは、プロが実際にメイクをしてくれますので、やり方を覚えることが出来ます。

YouTubeなどの動画を参考にしよう

百貨店やコスメ売り場に行く勇気が無いという人は、プロの人が指導している動画を参考にすると、上達が早くなりますよ。

手持ちの化粧品でナチュラル仕様

メイクした女性

今や、スッピンよりも健康・美容効果がある、こうした評価がつくベースづくりが展開されています。例えば、ブラシにしてもパフにしても、メイク道具でさえも肌に刺激を与えません。化粧品も、配合されている成分による健康美への効果が期待できるため、スッピンで過ごすよりも肌環境が改善できる魅力さえあるようです。また、ベースメイクと一緒に使えば、悩みをカバーできたり、より一層美しい仕上がりになるアイテムもあります。乾燥しているなら、化粧下地で潤いを守ることができますが、わざわざ購入したくないのなら、乳液が使えます。美白乳液に日焼け止めを配合、化粧下地の効果をプラスした日中美白乳液なら、潤いの蓋の役割も担いながら、紫外線対策もできるアイテムに早変わりします。テカリが気になるのなら、崩れを防止する部分用下地や微粒子パウダーでテカリ知らずです。

健康美肌はチークをプラス

女の人

ナチュラルメイクはその名の通り、スッピンに近いメイクでありながら、隠したいシミやそばかす、クマをしっかりカバーするメイクになります。健康的に魅せるには、血色を引き出すチークを入れるだけですが、頬骨に沿って楕円にぼかします。基本は、血色カラーのチークだけをのばすのですが、ライトカラーの2色使いにすることで肌馴染みを良くします。目の下からこめかみへ、すっきりと入れるのが違和感を与えないナチュラルメイクの基本です。

使用量で仕上がりが違う

メイク道具

ナチュラルメイクときちんとメイク、その違いはベースです。保湿効果の高いリキッドやクリームファンデーションの使用量が決め手になります。1プッシュは全顔にのばせるギリギリの量ですから、透明感ある自然な艶肌仕上げになります。2プッシュでは、片頬・片頬にのばせるため、肌悩みをカバーして端正な艶肌に仕上がります。あと1プッシュプラスすれば、鼻・口・目のまわりまで、厚塗り感なくカバーできます。この時、フェイスラインへは自然にぼかし込みます。

広告募集中